古くから生活に根付いたのぼり

私たちがのぼりを思い浮かべる時、どうしてもコンビニやスーパーののぼりを連想してしまいますが、のぼりは古くから日本で利用され、また用途も今のように販売促進が主、ということではなく、戦場で利用されてきたものでした。

長辺の一方と上辺を長い竿にくくったもの。

これがのぼりですね。

それは今も昔も全く変わりなく、利用する布の素材に違いがありますが、その他作りはほとんど変わっていません。

今も昔も同じ形状です。

すでに室町時代にはこの作りののぼりが武家で利用され全国区だったといいますから、歴史の長さを感じます。

当時はもちろん綿素材のものだったと思いますが、戦いの場、陣地などに掲げた、自軍の目印になるものでした。

今とは違い、「命」と「尊厳」がかかったのぼりは、武家の目印ともなったもので、家紋を入れたり、文字を入れたりして個性を出していたようです。

Comments are closed.