現代ののぼりどんな形状?

現代利用されているのぼりは、主に販売促進用、広告用として利用されているものが多いですね。

昔は竿に竹を利用したものが一般的でしたが、今は勤続パイプに塗装を施したものや、合成樹脂でできた竿を利用しているものが多くなっています。

また布の素材ですが、風雨にも強いように、合成繊維で作られたものが多く、以前のように綿素材が利用されるというのは少ないようです。

戦国時代に利用されてきたのぼりは、馬に乗る人の背に掲げたり、歩兵が持って歩くなどすることが多かったようですが、現在はコンビニやスーパーに見るように、台座に固定する形で利用するのが一般的です。

イベントなどの際には、人が持ってイベント会場を知らせるなどありますが、通常は設置されたまま、というところが多いようです。

コンビニなどは24時間稼動しているので、新商品の販売中、また季節物の販売中はずっと掲げてありますよね。

Comments are closed.